BookSelection ~1分で読める良書の紹介(要約・書評)~

ブックセレクションでは「本を探す時間がない」「要点や概要だけ知りたい」といった方に1分程度で良書の紹介をしています。できるだけ短い言葉で概要が把握できるコンテンツ作りに努めます。

【おとなの教養】 要約 池上彰

●宗教

キリスト・イスラムヒンドゥー・仏

ヒンドゥー⇨全員平等

キリスト、イスラムは神を信じれば誰でも⇨広がる

ユダヤユダヤ人だけ⇨限定的

ヒンドゥーカーストの身分で生まれ変わる

●宇宙

コペルニクスガリレオ(地動説)

ハッブル(宇宙膨張説)ドップラー効果を用いて

ガモフ(ビッグバン理論)宇宙は一点から始まった

ヒッグス粒子…粒子に重さを与える粒子(立証済)

●起源

ダーウィン種の起源)常に突然変異が起きており、環境に適応した形のものが生き残るという考え方

放射性年代測定法…炭素14半減期5730年から算出

アフリカ大地溝帯…東は乾燥、西は湿潤(偏西風)

●経済学

アダムスミス(国富論)利己心に基づき分業をする

市場経済が持つ自動調整機能(神の見えざる手)

市場に任せる、値段が決まる、効率良く売買、経済↑

マルクス資本論・労働価値説)労働者=資本家

資本主義⇨社会主義(レーニンや毛沢東も賛同)

ケインズ…適切な経済政策により資本主義の欠陥を補う

財政が赤字を出しても構わないという型破りな考え方

国債を発行し国が公共事業をすれば良い

不況⇨赤字国債乗数効果⇨好景気⇨税収up⇨借金返

実際の政治家は得た税収を公共事業に回し失敗した

フリードマン新自由主義小泉純一郎が賛同

政府の規制はできるだけ撤廃するべき

経済活動が自由だが、経済格差が増大

まとめ

経済学は変わる(今までの対象は合理的経済人)

今は「行動経済学

感情や心理が経済活動に大きな影響を与える

●歴史

歴史は勝者が記したもので、都合によって書き換わる

ユダヤイスラム、キリスト…「終末論」

文字を使える文明のみ歴史に残った、知見の蓄積

金日成(キムイルソン)北朝鮮建国…ソ連の都合

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

多彩な歴史観があり、歴史は氷山の一角に過ぎない